みなさまの「声」をお聞かせください。公明党静岡市議会

みなさまの「声」をお聞かせください。

公明党静岡市議会

公明党市議会

静岡市の新型コロナウイルス感染状況と対策 令和2年8月19日時点

 

令和2年8月19日 市長定例記者会見で発表されました静岡市の「新型コロナウイルス感染状況と対策」についての資料を下記の通り、ご案内申し上げます。

〇人口10万人当たりの新規感染者数は、2.32人(8/9-8/15)

〇第2期に移行している昨今、若い世代の感染が増加傾向。

〇無症状者が増加傾向。

☞ 若い世代が認識なく不特定多数と接している可能性が想定される。

〇推定感染経路で「家庭内」と「飲食店」が増えている。

☞感染している自覚がないまま家族に感染させている可能性がある。

☞飲食店の利用には特に注意が必要。従い、飲食店への支援が必要。

支援策

・保険所長等による感染予防講習会

・感染防止対策取組宣言書とステッカーの交付、マスクや消毒液の配付。

及び宣言書通り対策を講じているかチェック体制の構築。

公明党静岡市議会として、7/27にすでに市長へ要望しておりますのは、下記の通りでございます。

申 入 書

令和2年7月27日

静岡市長 田辺 信宏 様

公明党静岡市議会

代表 山本 彰彦

 

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の更なる拡充について

 

緊急事態宣言が解除され、新しい生活様式を取り入れた経済活動が再開された。しかしながら、全国各地で感染が再拡大の傾向にあり、過去最高の感染者数が報告されている。静岡県でも、浜松市、熱海市でクラスターが発生し、余談を許さない状況となっている。

本市においては、今月に入り8例の感染者が確認されており、経済活動を停止させないためにも、迅速な感染拡大防止対策が急務である。

感染拡大防止に関しては、手洗い、マスクの着用、身体的距離の確保など3密を避ける行動や、新しい生活様式の定着が重要であり、市民の意識を更に高めるため、啓発を強化していく必要がある。

以下の対策を進めるよう申入れを行う。

                               記

 

1 PCR検査の拡充

・帰省する大学生など感染拡大地域からの来訪者や接待を伴う飲食業者への優先検査等

・クラスターが発生した場合は、躊躇なくPCR検査を実施

2 飲食店等への感染拡大防止対策支援

・感染拡大防止対策に対する積極的な訪問指導及び資機材購入等のための支援

3 感染者受け入れ態勢の拡充

・県と連携を密にし、軽症者受け入れのためのホテル等の確保

より市民の皆様の安心・安全を確保するためにどうすべきなのか、引き続き鋭意対応を図って参ります!

 

20200824154225098_0001

20200824154225098_0002

20200824154225098_0003

20200824154225098_0004

20200824154225098_0005