みなさまの「声」をお聞かせください。公明党静岡市議会

みなさまの「声」をお聞かせください。

公明党静岡市議会

公明党市議会

令和3年8月24日 田辺静岡市長へ緊急要望を提出!

24日、田辺静岡市長へ、「二度目の緊急事態宣言発令に伴う感染拡大防止の緊急要望」を行いました。
内容は、下記の通りでございます。
8月20日に、二度目の緊急事態宣言が発出され、これまで経験したことのない危機に直面しており、本市も過去最多の感染者数を更新した。
医療提供体制はひっ迫し、自宅療養者が増え、全国では容体が急変して在宅のまま死亡する事案が発生しており、市民の不安は増大している。こうした医療崩壊を防ぎ、市民の命を守り、実効性の高い取組みを実現させていくため、以下の緊急要望を行う。
1. 保健所の機能強化を図ること。
・民間保健師の活用を含め、保健所のさらなる体制強化を図ること。
・保健予防課へ課長・係長クラスの全体調整役の人員を補強すること。
・庁内応援人員や民間保健師が濃厚接触者追跡や感染者対応の付随業務を支援できるよう、
事務所スペースの確保。
2.重症化を防ぐための自宅療養者、宿泊療養者への対策強化。
・自宅療養者、宿泊療養者を重症化させないよう、しっかりとしたケアを行うこと。
・自宅療養者、自宅待機者及び残された家族へのスピード感のあるきめ細かな生活支援。
・県と連携し、抗体カクテル点滴ステーションの設置等、最大限、医療資源を活用すること。
3.ワクチン接種の加速化を図ること。
・接種を希望しているのに未だ予約ができない市民に寄り添った支援を行うこと。
・市職員の感染拡大を受け、市民サービスの低下を招かないよう再度、テレワークや感染防
止対策の徹底を図ると共に、市職員向けワクチン職域接種にも取り組むこと。
・児童・生徒向けワクチン接種として各学校での集団接種を進めること。
・接種状況を見ながら予約なしのワクチン接種会場の設置。
4.国・県・市の経済対策のわかりやすい周知啓発と申請支援会場の設置。
5.テレワーク推進、オンライン会議、オンライン学習等あらためて人流抑制に
資する取組みを官民一体となって発信すること。
以上を要望させて頂きました。
本市で3月から開始しているドクターサポート事業
についても、拡充されていく運びとなりました。自宅療養者向けにしっかりとケアをしていくことが重症化を防ぐこと、安心感につながると考えます!
DSC_3187